子育てが一番つらかった時は?自宅で海外日本語オンラインセミナーをやる理由の巻


 

こんにちはー

 

今週から、LEARN JAPANの歴史教室も久しぶりに始まって、とてもうきうきした週になりました。

子供の成長はとても速いなーと思うのは、たった二か月の夏休みで

大人びちゃうんですよねえー。自分のうちの子供は、毎日会っているからあまり気が付かないけれども、びっくりしますわ。

特に男のこって、小学生から中学生になるときはまだ、「少年」というかんじなのだけれども、夏休み過ぎるころか、ググッと変わってきます。

一晩で、「????」っと、背が伸びたりするんですよ。。

大げさじゃなくて、いきなり見上げながら話さなければならなくなることもあるので、要注意。 🙄

 

ロンドンからボーンマスを経てウェールズに来てから、早17年。

私がウェールズに引っ越してきて、地盤沈下で傾いていて、裏ドアが壊れている家を直しているときに、2001年の9.11があり、寒いウェールズでコンクリートとおんぼろの炭の暖炉しかない家で長男と次男は育ったんです。次男はその家にいるときに生まれたので、ウェールズ人なんですよ:-D

長男も次男も部屋をかたずけないし、男の子特有の「まみーはあっちいけ」ムードが最近漂っていて、わたしをイライラさせるのだけども、実は私の心の中では、「苦しい時を戦った戦友」(大袈裟か?)のような気持でいるんです。

 

この「戦友」の気持ちは、生活が落ち着いてから生まれた長女と次女には感じないんですね。女子二人が生まれたときは、世間一般に言う「赤子が生まれておめでとうーー」といった、テレビとかで見る「子供が生まれてお祝いモードの主人公」のような気分になったものでした。(自分自身が) 😕

 

子供が4人いるということもあって、「へえー大変だねー」と言われることもあるのだけど、大変だと思ったことは、どこかに行って何かを買うときに、「×4か。。」と、けちな考えに浸るときだけですね。(爆)

だから、人数が多いから大変だっていうことはあまりなかったんです。まあ、10人とかいればべつなのかもしれないでしょうけど。

 

むしろ、一番つらかったのは、年子の長男、次男を育てていた時に、誰も知っている人もいないし、毎日くそ寒い所で(これが一番嫌だったかも。爆)誰とも話す人がいなかった時だったんですわ。

国際電話は高かったし、SNSなんてないし、古い家を直していたから、赤子を抱えながら少しは手伝っていたらから、どこかに散歩に行って友達を作る状況でもなかったし、、。

 

子供が生まれて、スゴ――く幸せで一人でもうきうき楽しめる人もいると思うのだけど、やっぱり、最初の出産って一番、、なんていうのかな。。孤独だったり精神的にこたえる人も多いのではないかなーーって思うんですよね。

 

それでですね、、

 

LEARN JAPANを作った理由っていっぱいあるんですけど、

 

一番大きい理由って、

「海外(でなくてもいいんですけどね)で昔の私みたく、孤独に子育てしている人」

が、家にいても子育ての悩みを話せたりできたらいいなーーって思ったからなんですよ。

 

孤独でなくてもいいんですけどね。(爆)

 

まあ、ユーチューブもあるし、アマゾンで日本の本買い放題だし、SNSですぐにお友達を探すことも、作ることもできますから、孤独になっている暇なんてないのかもしれませんが、逆に、情報がありすぎて、どうしていいかわからなっちゃう場合もありますよね。

 

子供たちの日本語教育にしてもそうですわ。

 

いっぱい子育てセミナーや、日本語教育セミナーはあっても子供が小さいと連れてあちこちでかけることはできませんよね。

 

実際、こういったセミナーって、子供がまだ小さくて、これからどうやって子育てをしていけばいいかな?と考えているときほど行きたいのに、そういう時に行けないんですよねえ。

 

だから、オンラインで、素晴らしい講師の先生をお招きして、海外子育て日本語教育セミナーをやろうと思ったのです。自宅に、インターネット回線があり、タブレット、携帯電話、コンピューターのどの方法でも参加できる方法、オンラインウェブ会議室ZOOMの存在を知った時は、すごく可能性を感じましたよ。

 

私は、もともとアナログ人間で、コンピューターとか触るのもダメダメ人間だったのに、今自分がコンピュータ―を使って仕事をしているのがとても不思議です。日本にいたらきっと使っていなかったのではないかな?おもしろいものですよね。うん。。人生って面白い。

 

 

さて、、そういうことで、オンラインセミナーのお知らせをいたします。

 

「家族で実践ーマルチリンガル子育て入門」をまたやります!

 

日時 9月17日(日曜日)

時間 午後8時(日本時間)

場所 ご自宅(オンライン会議室ZOOMを使います。)

料金 3500円

 

お申込みお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

 

そして、上記のセミナーの第2弾!!

「何を使ってどう教える?」日本語教育セミナー

日にち  10月1日(日曜日)

時間   午後7時(日本時間)

場所   ご自宅(インターネット会議室ZOOMを使います。)

 

料金   3500円

お申込み、お問合せはこちらからお願いいたします。

 

講師の先生

山本絵美先生(ライデン大学常勤講師)

上野淳子先生(オランダ継承語日本語教室てらごや講師)

米良好恵先生(オランダ継承語日本語教室てらごや講師)

講師の先生方のプロフィールはこちらをお読みください。

 

 

詳細はこちら↓のリンク先をお読みください。

 

「何を使って、どう教えるか?」日本語教育セミナーに参加すると何が変わるのかな?

「何を使って、どう教える?海外での日本語教育オンラインセミナー」9月17日、10月1日開催

「日本語おばけ」にとりつかれない!を学んだ、「家族で実践ーマルチリンガル子育て入門」

 

海外に住んでいる人って、大都市にすんでいるひとだけじゃないですよね。私の住んでいるところも、べつにド田舎じゃないですし、17年すんだだけあって図太く地元人のように暮らしていますが、つらいぜ――というときもありました。

 

小さなお子様をお持ちでも、自分のカメラを消して授乳をしながら参加できますので、ぜひご参加ください―

 

それではまたーー

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!




 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Learn Japanでは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアに住む子供たちのためのオンライン日本語継承語個人レッスン又はグループレッスンを承っています。

9月から一緒に遊びながら勉強しませんか?テルテル坊主だけでなく、毎回面白い遊びやお話を通して日本の文化に触れながら日本語を話すことが楽しくなるような授業をします。

体験授業がありますので、いつでもご参加くださいね。

お問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。

 

また、

 

Learn Japan では、日本の歴史を日本の教科書に沿っての授業、そして

講師の斎藤武夫先生のアイデア満載感動いっぱいの授業を開いています。

子供たちがただ聞くだけでなく、生徒さん全員の、

参加型授業で、自分がその時の時代にうまれていたら??

という観点から学ぶ歴史教室です。(7月、8月は歴史教室はお休みしますが、9月からまた再開します。)

 

一週間に一度世界中にすんでいる生徒さんと一緒に歴史を学んでみませんか?

詳細はこちらから

途中参加大歓迎の、2週間無料体験実地中なので、どうぞふるってご参加くださいませ。

申し込みはこちら。

 

子育てが一番つらかった時は?自宅で海外日本語オンラインセミナーをやる理由の巻
ホール・典子
Author

初めまして。ホール典子といいます。
日本語教師をしながら、日本語や日本の文化や歴史を届けるオンライン教室Learn Japanを開き、
ウェブ運営とセミナー開催のオーガナイザーをしています。
海外育児、田舎生活、日本語教育の悩みなど自分が悩んできた経験から、従来の「国語」の勉強ではなく生活に密着したトピックを取り上げて日本文化を楽しく気軽に学べるような場所がLearn Japanです。 どうぞよろしくおねがいいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です