「何を使って、どう教えるか?」日本語教育セミナーに参加すると何がかわるのかな?


こんにちは

今日はですね、

10月1日、日曜日に開催する

「何を使って、どう教えるの?」セミナーについての詳しいお知らせをしたいと思います!!

 

1.第一回目の内容とはどう違うか?

1回目は、複言語・複文化主義など、子ども達の言語教育についての考え方がメインでした。
複言語、複文化主義などのことはよく知らなかった方や、知っていても自分の子供の言語教育に悩んでいた方に取ってとても勇気づけられる内容だったと思います。

 

でも、、「じゃあ、実際にどうやって教えるのか」というところは時間の関係で聞くことができませんでした。

そこで、今回は、実際にどうやって教えて行けばいいの――?というところに焦点を当てたお話を山本絵美先生がお話をしてくださいます。

ということで、今回は実践編ということになりますね。

 

 

実生活でもそうですけど、人の話を聞いているとただそれだけで、理解した気持ちになっちゃいますよね。でも、実際に実践してみないと身につかないことは皆さまご承知の通りだと思います。ただ、、実践するとなると、どこから始めていいのかわからなかったり、何をしたらいいのかわからなかったりして、「あれ???」頭の中ではわかっているのにーーっていうことがありませんか??

 

そこで、第1回「家族で実践ーマルチリンガル子育て入門」で勉強したこと(頭の中に入ったとおもったこと)をどう生かしていけばいいかを、たくさんの具体例を挙げて教えていただこうとおもっています!

 

カンニングペーパーのようなものですかね。うしし。

 

2。また、教授法についてもお話しいただけます。

 

例えば、同じ日本語の教育でも、日本国内の「国語」を教える時と、外国人に日本語を教える時には、教え方が全く異なるんですよね。

そして、日本で育って国語の授業を受けてから海外に来た子供たちと、現地で生まれ育って現地語の方が強い子供たちとの教え方も少し違ったものになる場合もあります。

 

そこで、海外で母語(あるいは継承語)として日本語を学ぶ子どもたちに日本語を教えたいとき、

「どうすればいいのか??」

というところを、いろいろな例をたくさん交えてお話ししていただきます。

 

こういったことは、もうすでに日本語の教師をなさっている方や補習校で教えている先生方にはとても興味深いお話だと思いますし、これから教える予定の先生方にはとてもためになる内容だと思います。

 

私の場合は、全然自慢にならない自慢なんですけど、(爆)自分の子供たちが日本語を話さないという強み?のおかげで、

「海外育ちのお子様のジレンマや、お母様方のジレンマ」が手に取るようにわかります。

また、自分の子供たちが、同じ環境(同じ母親、私のことですが。爆)にいるにもかかわらず、日本語に対しての呑み込みや覚え方、話し方が違うので

「日本国内の「国語」を教える時と、外国人に日本語を教える時には、教え方が全く異なります。」

とおっしゃる山本先生のお考えにふかく同意をしちゃうんですよ 😀

 

それなので、ぜひ、海外に住んでいる生徒さんをお持ちの先生には参加していただきたいです!!

 

3.前回のようにワークシートを使ってご自身やお子さんの複言語について一緒に考えていきます。

ワークシートは人型のポートレートのワークシートを使います。さてーーどんなふうに使うのか、、たのしみですね。これは、、お楽しみということで参加してご自分の目で確かめてくださいね。 😀

 

最後に、、

 

4.このセミナーを聞いて,どんな風に変われるか、これからの子育ての上で効果があるか?

 

山本先生からのお言葉をそのまま載せさせていただきます。↓

 

「日本語教育というのは、決して難しいものではありません。いつでもどこでも、どんなものを使っても、
子どもたちに楽しく日本語を教えることは可能です。教室活動はもちろん、家庭の中でいかに日本語を
教えるか、たくさんのヒントをお教えしますので、

セミナー後は、身の回りのものが全て「教材」に
見えるようになります。

 

子どもたちにとって、一番身近な「先生」である親御さんが、日常生活の中で、
効果的に日本語教育を組み入れられるようになれば、お子さんの言語面での成長はもちろん、
思考力や知的好奇心も育て、家族の絆も深まります。」

 

そして、、

 

上記のセミナーに加えて、質問タイムももちろんあります!!

この質問タイムがたのしみなんですねえーーー

色々な方のお悩みや質問を聞いていると、同じ悩みがあったり、それに対しての先生方のお答えを聞いていると「なるほどーー」と納得して安心したり、とてもためになるんですよ。

 

私はもうすでに、わくわくしてきました。 😆

 

ああ、コンピューターってあまり好きではなかったのですが、こうしてオンラインでセミナーを開けて、先生方のお話を聞けるのは、コンピューターテクノロジーのおかげだと思うと、本当に感謝ですわ。

 

 

 

「何を使ってどう教える?」日本語教育セミナー

日にち  10月1日(日曜日)

時間   午後7時(日本時間)

場所   ご自宅(インターネット会議室ZOOMを使います。)

 

料金   3500円

お申込み、お問合せはこちらからお願いいたします。

 

講師の先生

山本絵美先生(ライデン大学常勤講師)

上野淳子先生(オランダ継承語日本語教室てらごや講師)

米良好恵先生(オランダ継承語日本語教室てらごや講師)

講師の先生方のプロフィールはこちらをお読みください。

 

10月1日の上記のセミナーの前に、

第1回セミナー「家族で実践ーマルチリンガル子育て入門」をまたやります!

もしよろしかったら、第一回目もご参加くださると、より一層理解が深まると思います。

 

日時 9月17日(日曜日)

時間 午後8時(日本時間)

場所 ご自宅(オンライン会議室ZOOMを使います。)

料金 3500円

 

お申込みお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

 

また、たくさんの方にお会いできることを、ものすごく楽しみにしています!!

 

ぜひ、お時間がありましたらご参加くださいね。一人で海外日本語子育てを悩んでいるよりも参加して、

心をすっきりさせてください!!

 

 




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Learn Japanでは、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアに住む子供たちのためのオンライン日本語継承語個人レッスン又はグループレッスンを承っています。

9月から一緒に遊びながら勉強しませんか?テルテル坊主だけでなく、毎回面白い遊びやお話を通して日本の文化に触れながら日本語を話すことが楽しくなるような授業をします。

体験授業がありますので、いつでもご参加くださいね。

お問い合わせはコンタクトフォームからお願いします。

 

また、

 

Learn Japan では、日本の歴史を日本の教科書に沿っての授業、そして

講師の斎藤武夫先生のアイデア満載感動いっぱいの授業を開いています。

子供たちがただ聞くだけでなく、生徒さん全員の、

参加型授業で、自分がその時の時代にうまれていたら??

という観点から学ぶ歴史教室です。(7月、8月は歴史教室はお休みしますが、9月からまた再開します。)

 

一週間に一度世界中にすんでいる生徒さんと一緒に歴史を学んでみませんか?

詳細はこちらから

途中参加大歓迎の、2週間無料体験実地中なので、どうぞふるってご参加くださいませ。

申し込みはこちら。

 

「何を使って、どう教えるか?」日本語教育セミナーに参加すると何がかわるのかな?
ホール・典子
Author

初めまして。ホール典子といいます。
日本語教師をしながら、日本語や日本の文化や歴史を届けるオンライン教室Learn Japanを開き、
ウェブ運営とセミナー開催のオーガナイザーをしています。
海外育児、田舎生活、日本語教育の悩みなど自分が悩んできた経験から、従来の「国語」の勉強ではなく生活に密着したトピックを取り上げて日本文化を楽しく気軽に学べるような場所がLearn Japanです。 どうぞよろしくおねがいいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です