日本の神話、火の神様の説明と火山の関係を読み解く本


 

 

こんにちは

今週、JAPAN DAYという催し物で、古事記の紙芝居をボランティアでやることになり、(というか自分からやりたいっていったのだけど。。 😆 )ウェールズ人に、日本の神話を説明しなくちゃいけないかもしれないな。。とおもって、持っている本を総動員させて色々と調べていたんです。(オンラインのwikiも含む。爆)

そしたら、「幸せの国の幸せの子供の話」という「出雲井晶さん」の子供用の本の中に、こんなことが書いてあっったんですわ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

火の神

感謝の気持ちを忘れ、目に見えるものだけに執着してしまうと、争いが起こり、戦いとなり、やがて火で地上は破壊されてしまう。目に見えるものを作り出すことに夢中になりすぎ、火の神を生んだために訪れた伊邪那美様の死は、現代を予見していたのかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝これを読んで、「なるほどなああ、火の神様を産んで死んだっていうのはそういうことだったのか。。」

 

と思っていたら、、このような本が発売されているのを発見。

 

 

読みたいな――

そういえば、このあいだ歴史教室で話していたことですが、

ポルトガルから鉄砲の技術が伝わってきたことになっていますよね。

でも、、鉄砲や火薬の技術って中国から西洋に渡ったのです。

ということは、中国経由で地球を一回りして日本に到達したということになります。

ここで、問題なのですが、

  
ポルトガル人がくるまで、
なんで??
つくらなかったのか?
どう思いますか???(知っている方がいましたらご教示ください。
これは調べてみる価値があると、斎藤先生とクラスの皆様とお話をしていたのですが、、

今日のお話からいくと、

日本人と火の関係って特別で、だからこそ火の兵器を扱うことには慎重だったのかなあ、、と思ったのですわ。

まあ、これは短絡的かもしれませんが、、、。

そう考えると、

「地震、雷,火事、親父」

 

 

という言葉も、「なるほどねえーーー」とおもってしまいますね。

神話というものは、何かをたとえているものなのか、

「八岐大蛇」も実は、

川の氾濫を表しているいるという説があるというのは、前のブログで書きましたね。

 

 

物語や神話はそのまま読んでもよいし、自分で想像を膨らませて何かの理由にしてみるのも楽しいし、、

ああ、だから読書はやめられません。。

 

 

今日もつらつらとしたことを最後まで読んでくださりどうもありがとうございました。
(たわいもない話を書くのもやめられないわ。。)

 

 

Learn Japanの歴史教室は、まだまだ生徒さまを募集しています。

途中参加大歓迎の、4週間無料体験実地中なので、どうぞふるってご参加くださいませ。

申し込みはこちら。

 

6月18日(日)オンラインでライブのセミナーを開きます。

テーマ  『家族で実践〜マルチリンガル子育入門編〜』

外国に住んでいて、日本語教育にお悩みのすべてのお父様、お母様、日本語教師のみなさまへのセミナーです。

お申込みはコンタクトフォームからお願いします

そうそう!!こちらのセミナーは続々とお申込みを頂いています!!

本当にうれしい限りでございます。

「なにかしら??」と思った方は、こちらをお読みください。

お申込みをしてくださった方の理由はこちらのブログに書きました。

 

世界中からご参加できますのでぜひこの機会を利用していただけたらと思います。自分で考え出した結果なら、バイリンガルでもそうでなくてもどちらでもいいと思います。自分やお子様、ご家族が幸せならそれが一番!!でも、なんだか、ここころもやもやしているわ。。他の人はどうなんだろう?他にいい方法があるのかもしれない。。なんて考えている方はぜひご参加ください。また日本語教育関係者の方にもおすすめです。

もうひとつ!!お問合せで

「子供が小さい人用のセミナーですか?」と聞かれるのですが、

 

全然そんなことございません。

「入門編」ですが、先生方に質問する機会があり、ワークショップも考えているとのことですので、お子様が小さい人向けというセミナーではありません。

 

セミナーに関してのご質問はいつでも歓迎ですので、お問合せくださいね。

 

それでは最後までよんでいただきどうもありがとうございました!!

 

このサイトはAmazonアソシエイトおよびアフェリエイトプログラムに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されると運営者の報酬になるというシステムです。このアフィリエイトプログラムの商品リンクを通じて読者様がサービスや商品を購入した場合は、企業から広告手数料がこのブログ運営者に支払われます。読者様への負担は一切ございません。

日本の神話、火の神様の説明と火山の関係を読み解く本
ホール・典子
Author

初めまして。ホール典子といいます。
日本語教師をしながら、日本語や日本の文化や歴史を届けるオンライン教室Learn Japanを開き、
ウェブ運営とセミナー開催のオーガナイザーをしています。
海外育児、田舎生活、日本語教育の悩みなど自分が悩んできた経験から、従来の「国語」の勉強ではなく生活に密着したトピックを取り上げて日本文化を楽しく気軽に学べるような場所がLearn Japanです。 どうぞよろしくおねがいいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です