継承語としてのプレイグループ(Play group)

This is a course for children who would like to learn Japanese through play and song.
We are very welcome to all children who are interested in learning Japanese or just having fun!

We learn Hiragana, Katakana, Japanese songs, make seasonable crafts following Japanese seasonable events and much more!

ただいま、継承語としてのプレイグループは、

4歳から6歳くらいのお子様を対象にしたグループを開催しています。


日 時

毎週水曜日 アジア、オーストラリア 日本時間午後7時ー

イギリス、ヨーロッパ イギリス時間 午後4時ー、ヨーロッパ午後5時ー

時間 30分

内 容

遊び、遊び、遊び!!

(歌、ダンス、体操、塗り絵、クイズ、工作、本読み、エトセトラ)
毎回、1.踊り 2.体操 3.季節の歌 4.語彙遊び 5.参加者の子供たちとの対話 6.工作
7.(たまに物語。紙芝居)を取り入れています。

無料体験2回
ただし、1回目の無料体験会で入会を決めてくださった方は入会金なし
  お申し込み

プレイグループの目的
毎週定期的に集まって、日本語を使って楽しく遊ぶこと。
子供たちが、日本語って楽しい、このプレイグループが楽しい!と思えること。
日本語を話す機会を作ること。

 

参加者様のご感想

プレイグループ中に歌った歌を、日常で突然歌いだしたり、その場で仕上がらなかった工作が仕上がった時典子さんに見せようと言ったり、プレイグループの時間が終わってからも、遊びの感覚が子どもたちの中では続いているようです。いつも工作の素材などを入れている箱を「典子さんの箱」と名付けたり、典子さんの存在が子どもの中に定着しているようです。2歳の娘も、画面の典子さんに向かってお絵かきを「見てー!」と言っていたので、楽しい時間になっていると思います。

 

日本人家庭があまり近くにないため、日本語は私と話す数時間のみで困っていました。家にいながら日本語に触れられるというのは、フルタイムで勤務している者にとってはとてもありがたい環境です。また、私には思いつかないような工作や歌の提供があり、オンラインコースが終わった後も、私と一緒に日本語で遊んだり話したりできるのがとても嬉しいです。先生はとても明るくて元気で楽しい方です。 お子さまの様子と感想 レッスン中に自分の名前が呼ばれると張り切ります。一番気に入っているのが「うそ、ほんと」の歌で、替え歌を作りながら一緒に遊べるので、家の中に笑いが増えました。

プレイグループに参加するようになってから早くも4ヶ月目になりました。元々人と会って話すのが好きななので、毎週のグループがとても楽しみです。子供達よりもノリノリかもしれません!あと先生がとっても明るくてこっちまで元気になります(^^)ありがとうございます! 日本人コミュニティも日本語学校もない地域に住んでいるので、子供たちにとって貴重な時間となっています(^^)

プレイグループをはじめてぐっと日本語に興味が出ました。周りに日本人コミュニティがなかったためか、娘の日本語への興味は私が押し付けているようなところがあったりました。自分の名前のアルファベットは教えて欲しいけど、日本語では教えなくていいと拒否されていました。プレイグループを始めてから、日本語での通信教育にも興味が湧き、自らひらがな表を見てお手紙を書いたり、絵本の文字を読んだりしはじめました。また知らない言葉を聞くと「どういう意味なの?」と聞いてくるようになりました。私との会話とYoutubeだけの日本語教育に限界を感じていたのですが、プレイグループに参加して3ヶ月後、娘の中で新たな日本語への扉が開いた気がします。 お子さまの様子と感想 週1回ですが、楽しみにこの時間を待っています。一人ではなく画面上でもみんなと一緒に日本語で過ごす時間が楽しいようです。授業内でみんなと一緒に歌ったり踊ったり、一人ではないというのが娘に日本語が話せてよかったと思わせてくれているようです。ふと暇になると「今日は授業ないの」と言っています。

この時期にたくさんの日本語をきかせてあげたいですよね。

1、近くにプレイグループがない方。
2、日本人のコミュニティーが近所にない方。
3、定期的に日本語の環境を作ることができない方。

1週間に1回、集中力のない小さい子供さんたちのために1日30分の日本語プレイグループで
日本語をたくさん聞かせてあげましょう!

最近は、ミクシー、ライン、フェイスブック、いろいろなソーシャルネットワークのおかげで、
どこででもいろいろな人とつながることができるようになってきました。

同じ子育ての悩みや、海外生活での悩みを持った人のブログなのを読むことによって、
「ああ、自分だけじゃないんだ」と思ったり、
コメント欄でお話をして仲良くなったりして癒されることもあるのではないでしょうか。

でも。。。
仲良くなった近所のお友達と子供を遊ばせる機会を持とうと思っても、
なかなか時間が合わなかったり、しますよね。

私もそうでした。
定期的に日本語で話す機会を作ることは、大都市に住んでいるなら別ですが、なかなかむずか難しいものです。
ちょろっと近所のプレイグループに行く気持ちで、子供達が集まれる場所はないかなーと思ったのです。

私が子育てしていた時と違って、
簡単に、日本の本は手に入るし、日本のテレビをつなげることもできます。
そして、ユーチューブでは、色々な手遊び、わらべ歌、、となーーんでも聞くことができます。

でも、、
私がこだわっているのは、交流なんです。
もちろん!直接会うのが一番いいと思います。それができるのならば。

ですが、子供が小さくて、田舎に住んでいたら、そんなことできませんよね。
できて、3ヶ月に1回くらいかな。

とにかく、交流できること!
一人でユーチューブ見るのではなく、
お友達と!そして先生と(私)、一緒に踊ったり歌ったり、工作します。
そしていつか、みんなで会えることができたらなーー。
誰も覚えていないかもしれませんが、「ピンポンパン」(昭和にはやった子供番組)を目指しています!

たくさんの子供達の参加をお待ちしています。