講師紹介とフィードバック


歴史教室: 斎藤武夫先生

斎藤先生の写真1

昭和24(1949)年生まれ、30代で大宮市立大成小学校に奉職。同期の仲間を中心に大宮教育サークルを設立、授業の実践研究を始めた。以後、大宮市立 三橋小学校・春野小学校・さいたま市立島小学校・芝原小学校・津田学園小中学校(三重県桑名)を経て、浦和実業学園中学校(歴史講師)で退職。おもに歴史 授業の研究と実践を進めてきた。退職後、各地で「歴史授業講座」を開催し日本全国を回っている。著書に『教師の世界観を変える読書案内』(明治図書)、『学校でまなびた い歴史』(産経新聞社)、共著に『教科書が教えない歴史』(産経新聞社)などがある。

齋藤武夫ブログ
『授業づくりJAPAN:小6・中学社会 学校でまなびたい歴史』
http://aokihumu.blog69.fc2.com/

上記の先生のブログにて、先生の授業を受けた子供たちや現職の小中学校の先生方の感想が読めます。

その中の一部をご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ぼくが歴史を学んで一番最初に不思議に思ったのは、縄文時代の外国にあった物が日本にあったということだった。
今まで学んできた歴史には、すごい人がたくさんいた。聖徳太子や織田信長や豊臣秀吉や大久保利通とか、この日本にはすごい人がたくさんいた。黒人を売ったりした国の人など、すごくひどい人も出てきた。
で も一番歴史で心に残ったのは、人とかではなくて、なぜ国はほかの国を支配しなくてはいられないのかなと思った。たしかに植民地を持っていると自分の国に利 益があるのはわかっている。けどちゃんと話し合いをして、ちゃんとみんなが安全にくらせる世界になってほしい。いや、これからの時代をつくっていくぼくた ちが、そういう世界にしていかなくてはいけないのだ。だって日本人は目標を持った方が強いんだから。
この日本という国の歴史を学んでとてもよかったと思う。こんなすばらしい歴史を教えてもらえるのも、ぼくたちのご先祖のおかげなんだな。(小学生)

■一年間歴史をやって楽しかった。
聖徳太子は「国のかたち」をはっきりと決めたからすごい。中国との「親分、子分」の関係をやめ、天皇中心の対等の国になった。 心に残ったことは、太平洋戦争のことだ。神風特攻隊は、この日本を命をかけて守ってくれたからだ。もしあの若者たちがいなければ、今の日本はどうなっていただろう。
そう思うと、今がとても幸せだなあと思う。今の生活が豊かになったのも、この人たちのおかげだと思う。それに、日本の人たちも、独立させるためにがんばった。
やっぱり歴史はすごい!(小学生)

■私は、今の日本になるまでに色々な出来事があったことを知った。初めの縄文時代の授業で「遺跡」について話し合った。一つの写真からこれは何だったのか を考えた。家・墓・儀式をする場所などの意見が出た。たった一枚の写真から、色々想像するのはすごく楽しいと思った。それに縄文人が赤い物を身につけると いうのにもびっくりした。もっと、縄文人は地味だとイメージしていたからだ。しかし、赤い物を身につけることによって、神様からパワーをもらえると信じて いたらしい。現在のおまじないに少し似ているような気がする。
一番心に残ったのは「平安時代」だ。授業で、平安の人々が生み出した日本らしい文 化についてのプリントを読んだ時、もっともっと知りたいなあと思い、夏休みの自由研究で「平安時代」について調べてみた。書きたいことがたくさんあって、 もぞう紙三枚分がすぐに書けた。歴史は奥が深いんだなあと思った。
第二次世界大戦の授業でビデオを見た時、すごく悲しかった。ビデオには戦争で 死んでしまった人の映像があり、それはすごくリアルで思わず目をおさえてしまった。この戦争が起こったために、大勢の人が死んだ。いなかのおばあちゃんの 家にも戦死した人の写真がある。今までは戦死の意味がよくわからなかったけれど、今はなんだか複雑な気持ちがする。とにかく戦争は二度と起こしてはいけな い。他の国と仲良くしていかなければならないと思うから。これからもずっと平和な日本であってほしい。
私は歴史の授業を通して日本のことをたくさん知ることができた。これでやっと本当の日本人になれた気がする。先生のおかげで、他のクラスよりくわしく歴史の勉強が学べたので少し得した気分がしている。(小学生)

●2年間の歴史の授業で印象が強かった授業は、1番初めのご先祖様の授業です。
普通はあまり他の人と関係ないとみんな思っている(自分は思っていた)けれど、
本当はずーっと昔にさかのぼってみると、自分たちのご先祖はほとんど血はつなが
っていました。命のバトンと国づくりのバトンが大昔からつながって、日本人の私
が生きてることもすごいです。
やっぱり歴史は楽しいしすごいなあと思いました。
自分の好きな平安時代が他の時代より授業数が少なくて残念だったけど楽しかった
です。

今までの授業で一番考えた授業は第二次世界大戦中の授業です。
理由は、授業で見た東京大空襲後の映像と原爆投下後の映像、なにもしていない普
通の歩いている人を攻撃していたアメリカの戦闘機。思ったのは悲惨だし、あまり
にも残酷で、感情がないように見えました。人の命を軽く見ているような道徳的に
も人間的にもひどすぎると思いました。

それに、戦争犯罪を問う東京裁判では、戦争に負けた日本だけが罪に問われました。
自分的には不公平だし、いくらひどいことをしても戦争に勝てばその国がやったこ
とが帳消しになるのは良くないことだと思います。
二度と戦争は起きてほしくないと思った授業でした。(中学生)

●僕は中学に入る前は歴史には興味が無く、得意な教科ではありませんでした。
しかし、先生の授業を受けて、歴史の概念がただ暗記するめんどくさいものから、
昔から今までの日本の物語を読んでいるような、大切であり、学びたいものへと変わ
っていきました。
歴史の授業で一番心に残ったのは武士です。
武士には日本の伝統があり、日本の心があると思います。誠実・強い意志・愛国心
というものは、今でも忘れてはいけない心だと思わせてくれました。
いま戦争について授業を受けさせていただいていますが、戦争というものは非常に
恐ろしく残酷なものですが、学ばなくてはいけないと思いました。
人類は戦争以外にもひどいことをたくさんしてきましたが、それから目を避けるん
ではなく、どれだけひどいのか、もう一度起こらないようにするにはどうすればいい
のか、再度確認していくことが大事だと思いました。
また、これからの歴史を作っていく僕らにとって、歴史を学ぶことはなくてはなら
ないことだと思います。
先生の熱い大和魂をいつまでも尊敬しています。今までありがとうございました。(中学生)

●2年間お世話になりました。私は歴史マンガが好きでよく読んでいましたが、おお
まかなことしか書いてありません。先生の授業でたくさんのことを知りました。
江戸幕府を大政奉還に導いた影のキーマンが龍馬だったことや、吉田松陰の手紙、
スターリンの演説(さい氷船テーゼの)、は特に心に残っています。

身はたとい 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂

この辞世は、吉田松陰の意志の強さと自分がやってきた事への自信を感じました。

明治以降のことはあまり詳しくなかったのですが、先生が持って来てくださった資
料がわかりやすくて、詳しくなりました。
先生の授業は考えることが多かったのが印象的です。事あるごとに考えたことで、
もっと深く歴史を知れた思います。深かったのです。
日本をはじめ世界中がだまされたスターリンの作戦はすごいけど、恐ろしいものだ
し、ずるがしこいと思いました。当時の偉い人がみなだまされたのは驚きでした。
とてもためになりました。ありがとうございました。(中学生)

●S・N先生(埼玉県小学校)20代・女性
(平成27年5月第2回)
本日はありがとうございました。私はまだ6年生の担任をしたことがない
のですが、はいやく教えたい!ととても思いました。私自身は歴史の授業に
そこまで興味が持てない児童だったのですが、今日の授業はとてもおもしろ
くお話を聞くことができました。 歴史は表面的な流れを聞いて暗記するというイメージでしたが(自分の経
験上)、1人のリーダーの気持ちになって考えていくことで、興味を持て聞
くことができるのだとわかりました。
それぞれのリーダーの思いを考えるという一貫性をもって、自分も教えら
れたらと思います。
また、日本の歴史に対するイメージがそんなによくない部分もあったので
すが、そうではないということもわかってきました。国家が人民を支配する
のではなく共同体であるという所や、日本の良いところ(仮名の偉大さ!)
などを知れてとても良かったです。
自分自身が日本を好きになって歴史の考えが少し変わった気がします。

●O・K先生(東京都小学校)20代・女性
(平成27年5月第2回)
私は今まで歴史と言えば暗記というイメージしかなく、”歴史が楽しい”
と感じたことはありませんでした。しかし、齋藤先生の講座を受けさせてい
ただいて”歴史を学びたい”という気持ちが生まれました。
初めに自分の先祖について考える活動をしたため、今までの歴史は自分と
無関係ではないのだということに気づきました。

(平成27年6月第3回)
前回に引き続き「自分がリーダーだったらどうするか?」と考える授業
展開がすごくおもしろかったです。違う方の選択肢を選んだとしても、
「もしこの時自分の選択をしていたら、いったい日本はどうなったのだろう」
と考えたりして、すごく歴史に引き込まれていく思いでした。
先生が「子供の鉛筆の音が、頭がフル回転しているように聞こえる」と話
されていましたが、先生の授業を受けてそういう気持ちが実感できました。
今日も「日本という素晴らしい国に生まれてよかったな」という気持ちを
味わえました。特に「頼朝が武力を持たない朝廷を倒そうとしなかった」と
いう事実を改めて考え、鳥肌が立ちました。
早く自分で歴史の授業がしたいです。本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Learn Japanでは、オンラインライブ授業で、斎藤先生にわからないところは質問しながら、教室でやるような授業が受けられます。

ぜひ、授業に参加してください!!お待ちしています。