小学校6年生の男の子がなぜ伊勢神宮に興味を持つようになったのか?


 

こんにちは。

 

最近、歴史授業の報告は書いていましたが、どんな雰囲気でやっているのか、どんな方たちがご参加くださっているのかを書いていなかったので、書いてみようと思います。

 

去年の9月25日の日曜日から始まった、全70回の歴史教室は、ただいま26回目の室町時代のお話まで行きつきました。宣伝の仕方もあまりよくわかっていなかったこともありまして、最初はすごい少人数で始めました。それが、少しづつ増えて、各クラス、9月に始めたころの生徒さんの人数よりも倍に増え、皆さま楽しんで受けてくださっているようです。

現在いる生徒さまの口コミや、素晴らしいフィードバック、斎藤先生の熱心な授業のおかげだと思っています。

本当にどうもありがとうございます。

 

 

まだ、オンラインの授業がどのようなかんじかわからない方のために、またちょっと説明します。

 

授業は、ZOOMという、オンラインのWEB会議室を使います。

これは、スカイプのように、顔を見て話せて、最大50人は入れる大きなウェブルームです。スカイプでは、確か、無料では3人くらいしかつながれませんが、(もっとかな?)ZOOMでは50人までは無料で入れるのが特徴です。

通常、オンライン講座とかだと、先生の話は聞けても、チャットで会話をするだけだったりするので、ビデオを見てひとりで勉強している気持ちになりますが、ZOOMでの授業は、一人一人が話せるので、自宅で主催者や他の参加者と一緒にコミュニケーションが取れるのです。たしかに、クラスルームでやる授業のようにはいきませんが、

1.自宅で世界中いろいろなところに住んでいる人に会える。

2.主催者と直接話せるし、質問もできる。

3.ほかの参加者とのコミュニケーションもできる。

4.クラスの人数が多くなれば、ブレイクダウンルームといって、グループに分かれて話し合いをすることができる。

5.なにより、自宅でミーテイングができるし、勉強ができる。

などなどがZOOMでやる、オンライン授業の利点です。

 

 

⇧の動画は、歴史教室の斎藤先生が実際に、初回の授業をしてくれた時のデモテープです。右側に先生が見えますが、ここに、参加者の顔が4,5人見ることができます。もしくは、プレゼンテーションをしていない場合は、皆さん一人ひとりの顔を見ることもできます。

今日の記事の一番最初の写真がそうです。

 

あとこちらも。。

今日のスクリーンショットはこれ↓。

 

ちょっと私の顔がおおきくなりすぎて、すみません。。(まあ、おおきいのですけどね。。ははは)

 

こうやって、主催者の顔を大きくして講義をしてもらいます。

(通常は斎藤先生ですけど。。)

 

生徒さんは、毎回決まっているリンク先をクリックするだけで教室に入れます。

タブレットや携帯電話でも入れますが、その場合は最初にZOOMをダウンロードしてもらわなければいけませんが、(無料)コンピューターからですと、リンク先を押すだけで、勝手にダウンロードされてはいることができます。すごいですよね。

 

わたしも斎藤先生も、あまりコンピューターには詳しくありませんが、ちゃんとはいることができたので、ご安心を!!

 

さてさて、

今日は、26回やってきて、生徒さんたちにアンケートをまた取らせていただいたので、すこしづつこちらで紹介させていただきますね。

 

 

1.歴史教室に興味を持った理由をお聞かせください。

 

.楽しい歴史の授業だったら子供も興味が持てるだろうなあと感じたので。
 
.前から一度勉強し直したいと思っていたし、子供とできるならそれはまたとないいい機会だと思えたので。
 
.齋藤先生から直接歴史の話を聞いて、今までどれだけ誤った歴史を信じ込んできて、不要な罪悪感や劣等感を抱え込んでいたかに気付いたから。
 
.学生時代は歴史が一番苦手で興味ありませんでしたが、仕事で色んな人にお会いするうちに政治に興味を持つようになったため。

 

 

と、歴史の勉強をしたいなーーと感じていた方と、子供さんのためにいいかもなーーと何となく始めた方といますねえ。まだ、アンケート結果がすべて帰ってきていないのですが、皆さん最初は気負うことなく、「なんとなく――やってみようかなーー」と始めている方が多いように感じます。

 

2。初日の感想は?

 

.始めるにあたり、モチベーションを向上させるためにもいいテーマだったと思う。
 
.とても楽しかったです!普段は小学生と一緒に学べる機会が無く、子供達の純粋さや賢さにも感動しました。
 
.齋藤先生の「正解か間違いかではなく、自分の意見を言えるかどうか?」という教育方針にも学ばせてもらっています。
 
.期待以上の白熱した授業でした。

 

 

そうなんですよ。。先生の授業は、「正解も間違いもない」んですよ。当時の人たちが一生懸命考えて出したという感覚がわかればいいのです。歴史上のことを当時の人になりきって、自分のこととして考えてみると、知らず知らずのうちに机の上の計算のような歴史感がなくなって、リアル体験になっちゃうのです。これが大切なのだと思います。

 

3.お子様に変化はございましたか?(ご自身に変化はございましたか?)

 

伊勢神宮に行きたい、奈良の大仏を観に行きたいなど、歴史のある街、建造物に興味を持つようになった。

 日本に生まれた自分を好きになり、自分のルーツや人生に誇りを持ち肯定する力が強まりました。ご先祖様や天皇がどれだけ大きくありがたい存在なのか?今まで全く感じていなかったご恩を感じ取る力が育ちました。そちらを感じて感謝して生きる方がずっとしあわせです。一見、何の繋がりもないと思っていた『歴史』と『自尊心』がこんなにも密接に関わっていたことに驚きました。

 
.臨場感あふれる授業のおかげでいままで知らなかった時代背景がリアルにわかって、毎回教養がつきます。

小学校6年生のお子様が伊勢神宮へ行きたいというなんて!!!

歴史教室を開いたかいがあるっていうものです!うれし泣き

 
4.斎藤先生の授業を受けてどのようなご感想をお持ちですか?(お子様の感想は?)
斎藤先生は生徒にポジティブワードのシャワーを浴びさせてくださいます。正解を言う事ではなく、思考力自体を褒めてくださる、素晴らしい先生です。大人と子どもが同じクラスで意見を言い合えるのも斎藤先生の裁量のおかげです。
質問などを工夫したりして、子供も大人も興味が持てる授業をされてらっしゃると思います。
.自分が学生のときに受けた授業とは視点が違うと思った。興味をそそられる授業の展開
内容はとても深いのですが、齋藤先生のお人柄や伝え方がユーモラスで優しいので、とても楽しいです。齋藤先生が誰よりも歴史や日本が大好きだからこそ、齋藤先生から学ぶことでその熱意を分けていただけるのだと思いました。
まだまだアンケートの続報がございますので、お楽しみにしていてくださいね!!




 

 

 

Learn Japanの歴史教室は、まだまだ生徒さまを募集しています。

途中参加大歓迎の、4週間無料体験実地中なので、どうぞふるってご参加くださいませ。

申し込みはこちら。

また、海外で子育てをしている人、日本語教育関係者必見セミナーのお知らせがあります。

 

テーマ  『家族で実践〜マルチリンガル子育入門編〜』

6月18日(日曜日)

時間  午後12時(イギリス時間)、午後1時(ヨーロッパ時間)、午後8時(日本時間)、午後7時(アジア、オーストラリア時間)

こちらの方もよろしかったらご参加くださいませ。

 

小学校6年生の男の子がなぜ伊勢神宮に興味を持つようになったのか?
Tagged on:                 
ホール・典子
Author

初めまして。ホール典子といいます。
日本語教師をしながら、日本語や日本の文化や歴史を届けるオンライン教室Learn Japanを開き、
ウェブ運営とセミナー開催のオーガナイザーをしています。
海外育児、田舎生活、日本語教育の悩みなど自分が悩んできた経験から、従来の「国語」の勉強ではなく生活に密着したトピックを取り上げて日本文化を楽しく気軽に学べるような場所がLearn Japanです。 どうぞよろしくおねがいいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です