日本語の強さ


日本語を教えるようになってから、当たり前のことだけど「日本語のおもしろさ」にはまってしまった。いろいろな言い方や使い方を意識してみると、日本語って本当に面白いと思う。特に、宮沢賢治の本など久しぶり読んでみると、言葉の使い方、表現方法に「天才だーー」とニタニタしながら読んでしまう。

よく、「日本語を話すのはむずかしい」などというが、そんなこともない。日本語って、とてもシンプルで、簡単な言葉だと思う。きっと難しいと思う人は、「漢字」を見てそうおもうのだろう。たしかに、日本語をペラペラ話す人でも、「読み書き」は難しいという。でも、日本人でさえ、小学校1年生では、80字、2年生では、160字、、と毎日必死で漢字を書いて覚えているのだから、簡単であるわけがない。

LEARN JAPANのプレイグループで遊びたい詩のひとつはこれ。

「風の又三郎」宮沢賢治

どっどど どどうど どどうど どどう

青いくるみも吹きとばせ

すっぱいくゎりんもふきとばせ

どっどど どどうど どどうど どどう

「声にだして読みたい日本語」という斎藤孝さんの本のなかで「賢治は風の中を大股で歩きながら詩を作るのが好きだった。首からペンをぶらさげて、いい文句が浮かぶと書きつけ、ときどき「ホッホウ」と叫んでとびはねた。」と書いてある。

 

どっどど どどうど どどうど どどう

子供たちは、どんな声で、どんな表情で読んでくれるかなーーと考えると、とっても楽しくなってくる。。

オンラインプレイグループでは、無料体験募集中です。

お申込み、お問合せはこちらへ

 

日本語の強さ
Tagged on:                     
ホール・典子
Author

初めまして。ホール典子といいます。
日本語教師をしながら、日本語や日本の文化や歴史を届けるオンライン教室Learn Japanを開き、
ウェブ運営とセミナー開催のオーガナイザーをしています。
海外育児、田舎生活、日本語教育の悩みなど自分が悩んできた経験から、従来の「国語」の勉強ではなく生活に密着したトピックを取り上げて日本文化を楽しく気軽に学べるような場所がLearn Japanです。 どうぞよろしくおねがいいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です