八岐大蛇の子供向け英語版動画


 

こんにちはーー

 

古事記子供シリーズ第3弾まで読み込み動画をアップしていましたが、

やっと、第4弾ができましたー。

「やまたのおろち」です。

もちろん、かわいい絵カード紙芝居は、Supermom Japan のものを使わせていただきました!!

 

さてさて、、

大蛇を退治したスサノオは、

「その根は、根の国に岩根に届くほど深く広がり、その枝は、神々の住む空の果てに届くほど高くそびえよ。その葉は、玉はがねのかがやくごとくかがやけ。」

といって自分のひげをぬいてかぜにさらしたら、ひげから、胸毛から眉の毛からぐいぐいいろいろな木生えて、根はしっかりと地の奥深くに根づいたそうです。

そして、その木でできた御殿を、スサノオが気に入った土地、出雲に建てて、歌を詠んだのですね。

 

「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣つくる その八重垣を」

(群がり重なりあって立つ雲、出雲の国に垣根のように立つ雲よ、愛する私の妻と私の暮らしを包み込むようにして立ち上る雲よ、垣根のような雲よ」

 

有名な歌ですね。。

 

八岐大蛇

 

クシナダ媛は、稲田を守り、スサノオは砂鉄を取って玉鋼(たまはがね)を人々に作らせたといいます。そして、作っているときにも、稲田を守るために、稲に水を引く間は人々に、この仕事をやめさせて、使った木は次々に飢えさせたために、肥の川の水は玉のように澄み、木は青々と生い茂ってそれはそれは美しい所だったそうです。

 

 

 

巨大なへび、八岐大蛇の正体は???

 

八岐大蛇なんて、、そんな蛇がいたのか?・っておもますよね。

実は、やまたのおろちは、川という説があり、洪水をあらわしているというのです。

 

そういえばそうですね、、太くて、くねくねうねり、暴虐の限りを尽くす、、、というのが、川が氾濫して洪水になった時のことと似ているかもしれません。

 

 

ところで、、、

 

皆さんは、さまざまな神話の場面をお芝居のようにしてみせる、「神楽」という伝統芸能があるのを知っていますか?

 

 

 

島根県の「石見神楽」

 

室町時代の後期にはじまったといわれる、収穫期に自然や神さまに感謝を表す神楽の儀式で、もともとは、神職による儀式だったそうです。それが、だんだんと、民間の大衆芸能として発達していったんですね。

この動画では、秋祭りの夜9時から明け方まで行う「奉納神楽」についてみることができます。そして、最後の方19分あたりで、「八岐大蛇」の演目が始まるのですが、それがすごくてすごくて!!!!

ぜひ、ぜひぜひーーーー見てください!!!

 

日本の伝統芸能は、歌舞伎、能、狂言、人形浄瑠璃、などなどたくさんありますが、いっやー、、、

 

奥深いですねーーーー。日本。。。

 

 

それではまた!!

 

Learn Japanの歴史教室は、まだまだ生徒さまを募集しています。

途中参加大歓迎の、4週間無料体験実地中なので、どうぞふるってご参加くださいませ。

申し込みはこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八岐大蛇の子供向け英語版動画
Tagged on:             
ホール・典子
Author

初めまして。ホール典子といいます。
日本語教師をしながら、日本語や日本の文化や歴史を届けるオンライン教室Learn Japanを開き、
ウェブ運営とセミナー開催のオーガナイザーをしています。
海外育児、田舎生活、日本語教育の悩みなど自分が悩んできた経験から、従来の「国語」の勉強ではなく生活に密着したトピックを取り上げて日本文化を楽しく気軽に学べるような場所がLearn Japanです。 どうぞよろしくおねがいいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です