バイリンガル子育てで、親が必ずやるべきこと

海外子育て
バイリンガルで親がやるべき事、海外子育て。

 

こんにちは!

 

昨日はてなブログで、「バイリンガル教育 国語の勉強が嫌になった時」 

の対策を書きましたが、今回は、

 

「バイリンガル子育てで親が必ずやるべきこと(日本在住編)」

について書いてみたいと思います。

 

バイリンガル子育てで、親が必ずやるべきこと。(日本在住編)

 

かならずやるべきことは、ズバリ 

「自国の歴史や文化を教えること」です。

 

まあ、これをいっている人は多いと思うので、「知っているよーー目新しくないわ。。」

 

と思う方もいるでしょう。うふふふふ。わかりますよ。

でも、「自分の国が大好き」になると、自尊感情が高まり、他の人のこと(他の国のひと)のことも

大切にするようになるんです。

 

いい例が、、このあいだのラグビーに試合ですね。

この動画をみてください。↓

 

 

 

まあ、みんなラグビーが好き、、ということもありますけど、

アイルランド人の日本への応援って、、ちょっと感動的ですよね。

 

本当に、心からラグビーを愛し、自分の国を愛しているからこそ

こんな風に自分の国を負かした国の応援ができるのではないかと思います。

 

 

 

日本のなにを教えればいいの?

 

「いつか子供が海外で活躍できるように!」

とバイリンガル教育をしているのならば、

 

1。日本の成り立ち、

2。天皇陛下について

3。神社やお寺の関係

4。どんな歴史を持っているか(大体の流れ。王朝が途切れていない長い歴史のある国ということがわかればいい。)

5。外国との関係

 

は言語とともに、お子さんに教えるべきだと私は思っています。

 

 

 

古事記は、日本のことを物語風にして知るには、とてもいい教材だと思います。↓(英語バージョン)

 

 

どうやって教えたらいいの?

 

上に書いた、1から5までの必ず学ぶべきことは、

小さい子用の古事記を読んだらわかりやすく書いてあります。

 

小さいうちは、古事記の絵本や、物語を読んであげるだけでもいいと思います。

 

日本に住んでいるのなら、神社やお寺は身近なものでしょうから、

何もしなくても自然を尊ぶ気持ちは生まれてくるでしょうね。日本に住んでいれば。

ただ、、それからどうやって日本の心を伝えていくか、、。

 

「自分も日本についての本を読み、子供にも読ませる。」

 

それだけなのでしょうか?

 

 

自分で教えることの問題点

 

ただ、、一口で自分で教える。。と言っても、

自分たちでさえ学校や家庭で、そう言ったことを教わったわけではないし、

本を読んで、ふんふん、、とおもっても色々な問題点が出てきます。

例えば、、

 

 

何から教えたらいいのかわからない。。

 

どんなことを教えたらいいのかわからない。

 

本をたくさん読んで日本の歴史を知っているけど、何話せばいいのか?

 

子供に質問された時に、今まで深く考えたことがなかったからうやむやにしてしまった。

 

子供は自分の話を聞かない。

 

 

ありませんか??爆

 

 

わたしは、こんなことがよくありました。

 

それに、、子供って「親の言うことよりも他の大人のこと」をよく聞くんですよね。(爆)

 

 

私が何百回と話したお話も、したり顔で、

 

「ーーーさんが言っていたよ。。すごいねーー」とか

「テレビで見たよ。。知らなかったわーすごいねーー。」

 

なんてね。あーーーあ。ってな気分ですが、

 

子供ってそうですよね。

 

どうして、そうやって人の話やテレビだと覚えているのかなーと考えてみると、

 

「私の話より、数百倍感動的なんだ」と思います。

 

 

親だと、「あーだこーだ、あーだこーだ。。わかってる?それで、、、あーーだこーーだ。。」

 

と、なってしまいがちなんですよね。(そうでない親御さんもいますよ。)

 

感動したことは覚えている。

 

「感動」したことって人間って覚えているんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイリンガル子育てで、親が必ずやるべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください