素読ってなあに?日本が好きになる!国語授業講座について

 

こんにちは

お知らせ

Facebookやメルマガではお知らせをさせていただきましたが、

かねてから、密かに大ファンでご著書も拝読し、コロナちゃんのおかげで?先生がオンライン講座を始めてからは毎月参加させていただいている、「松田式素読(そどく)教室 国語WORKS」の松田先生の講座をlearnjapanで開催させていただけることになりました!!

 

松田先生のご著書

 

 

松田先生のこと

松田先生は、学習塾の講師をした後に一般企業で働きながら2010年から地元広島を中心に素読教室を開き

2017年に国語教育を事業化して「国語WORKS」を設立し各地の保育園や幼稚園などでの園児への国語(素読)教務、保育士が国語教育を行うための研修(自作の研修プログラム)など幅広い活躍をされていらっしゃいます。

松田先生の素読教室はアイデアに溢れ、国語を学んでいるようで「日本の心」や「日本人としての生き方」を自然に身につけてしまうような授業をされているのです。

 

そんな松田先生の講座をどうしても受けたいと思い、日本に帰った時にはいつも行けそうな講座をチェックしていたのですが、なかなか日にちが合わず、悔しい思いをしてい他ところ、コロナ騒ぎのおかげで、ZOOMでオンライン講座を受けられることになった時に喜びは半端ではなかったです。

(かなりしつこく、ご連絡をさせていただきました。汗)

そして、、ノリノリで参加させていただいたのですが、

今度は眼から鱗どころか、目が飛び出すくらいの授業の内容の濃さにびっくりでした。

 

そしてそれは、、まさに、わたしがずっと探していた、そして

わたしがやりたかった授業そのままでした。

 

その後に、

「親子向け授業」にも参加させていただいたのですが、、

大人の授業もさることながら、子供達の授業はこれまた素晴らしく、

「子供に素読?ちゃんと声出して読んでるのかな?」という疑問などふっとびの授業でした。

子供たちは、難しい漢字も音できいて

スラスラと呼んでいたのには本当にびっくりしました。

 

ところで、

「日本が好きになる!歴史授業」の斎藤先生は、

国語の力が大事なのだ。

まず国語で日本人として引き継いできた感受性などをしっかりと確認していく国語力が大事で、

国史+国語 の2本柱を軸に日本人としての心が育つ」

 

と、この間の講座の中でおっしゃっていましたが、

 

松田先生の素読の授業を取り入れれば、

日本語(国語)の授業のなかで、「日本人としての心や感性」も同時に

そして、自然に学ぶことができるようになるし、

 

大きくなって、この素読で勉強したことを頭で忘れてしまったとしても

「日本人としての心、感受性」は、人格形成の土台となって花開くに違いないと思います。

 

そう、、、

松田先生の授業!

これこそ、わたしの理想の、日本語と日本の心の継承授業なのです。

 

 

海外に住む親御さんにとって、

日本語=教科書を使っての国語の授業、、になりがちですが、

(教科書に賛否両論がありますが、日本の教科書は、本当によくできていると思います。)

 

そこに一プラスのエッセンスを知っているだけで、

海外での日本語教育が格段違ってきます。

 

ぜひ、松田先生の素読の授業の講座をたくさんの方に受けていただき、

それだけでなくて、

「どうして、素読なのか?」ということを知っていただきたいです。

 

絶対に、「なるほどーー」と感激すること間違いないと思います。

 

 

今回の講座のスケジュール

 

さて、まず今回の素読講座を開催するにあたって、「模擬授業」をやっていただく前に、

第1回目は「素読をすることで、そんな効果があるのか?」というお話から先生にしていただくことになりました。

というのも、松田先生の授業は本当に面白いのですが、

一つ一つの授業の内容の奥深さを皆様に知って欲しかったからです。

 

実は、わたしは松田先生の素読教室を知る前に、

 

「斎藤孝」先生の「声に出して読みたい日本語」

 

「理想の国語の教科書」

 

石井公一郎先生、萩野貞樹先生の「小学校国語副読本」

 

など、他にもいろいろな戦前の教科書や音読速読本を読んだりしたのですが、

実際にこの方法を効果的に実践するにはどうするのがいいのかなーと色々と試行錯誤をしていました。

 

だから、今回

こういった教材を持っていたり素読を聞いたことがあっても、

なんのことかわからない、もしくは、音読とどこが違うの?と思う方、

特に親御さんや、教育関係者に、

「言葉の教育が人間形成に実際にどう役に立つか?」

ということをまず最初に知っていただけたらいいなと思ったのです。

 

第2回目は「現在の国語教育の問題点と解決策」といったテーマでお話いただけます。

これは人間形成の骨幹に関わるもので大切なものは何か?ということを知るのに大事な回です。

何故、神話を扱わなくなったのか?音楽の教科書がどう変わったのか?一見あまり国語教育や人間形成に関係のなさそうなことですが、ここを知っておくことで今後の子供たちへの教育方法も変わると思います。

この問題は、「日本」の問題だけではなく、他の国に住んでいても役に立つことと思います。

 

第3回は、「素読を体験してもらいます。」

松田先生がどのように子供たちに国語指導をしているかを体験できます。

第1回、2回と講座を聞いていると、「なるほどね。。」というところが目白押しに出てくるのではないでしょうか?

皆様にも、わたしが眼から鱗の授業!と言った意味を知って欲しいと思います。

 

番外編では、特に語彙力が少ない児童にする漢字のインプットの具体論をお話しいただけます。これは、海外在住者にとっては絶対に聞いておきたいところだと思います。

わたしは、「マルチリンガル漢字指導法研究会」という会員制の研究会も運営していますが、

この素読の講座のミーテイングを松田先生としていた時に、海外での漢字指導法の問題点などを少し松田先生にお話しをしたところ、わたし一人が聴くにはもったいないくらいな漢字指導法や解決策をお話ししてくれたのです。

この番外編は、海外在住の人にこそ、(もちろん日本在住の方にも)ぜひ参加して聞いて欲しい回です。

特に、漢字の指導法についての具体論を思う存分お話ししていただきますのですごくワクワクしています。

 

「日本が好きになる!国語授業!」についての詳細はこちらのページでご確認くださいね。

 

 

それではまた、たくさんの皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

素読ってなあに?日本が好きになる!国語授業講座について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください